パッキンランド管理人修行中!! - パッキンとテフロンって...。

パッキンランドの管理人の日記みたいなもの。 パッキン、テフロン、Oリング、オイルシール、ゴムのこともたまには・・・

カテゴリ: ゴムの材質、種類

SPラバー superior processing rubber

天然ゴムのシートゴムで、SPスモークドシート、SPクレープ、SPエアドライドシートなど特に加工性が優れたグレードをSPラバーと呼んでいます。

押し出し、カレンダー加工時の膨張や収縮、カレンダーシートの表面肌の問題、加硫中のダレ防止などの目的で作られたもので、通常の生ラテックスに加硫ラテックスを混合して、凝固乾燥させたものです。

天然ゴムや合成ゴムにブレンドして用いられるSPラバーを濃縮したものもあります。


関連用語
natural rubber:天然ゴム、NR


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

エラストマー elastomer

エラストマーは常温でゴム弾性を示すElastic Polymerつまりゴム状弾性体の高分子物質を総称しています。一般に「ゴム」と広く認識されている架橋(加硫)ゴムである天然ゴムや合成ゴム、あるいは常温ではゴム弾性を示し高温では塑性流動化(熱可塑性)を示すプラスチックである熱可塑性エラストマー(TPE)など、常温でゴム弾性を示しているものはすべてエラストマーと呼ぶことが出来ます。

また、弾性を示さず塑性を示す高分子物質をプラストマー(plastomer)と呼びますが、熱可塑性エラストマーは、その名の通り高温時にはプラストマーとなることからゴムと比べて一般に高温で使用されることはほとんどありません。

ゴムとエラストマーを同義語として扱うことは、書籍などでよく見掛けますが、世間一般では、用語の認知度や歴史的背景から、エラストマーは熱可塑性エラストマーのことを限定し、天然ゴムや合成ゴムとは区別された弾性のあるプラスチックとして認識されていることが多いようです。

パッキンランド:ゴムとエラストマーの関係


関連用語
thermoplastic elastomer,TPE:熱可塑性エラストマー
thermoplastic rubber,TPR:熱可塑性ゴム
 →熱可塑性エラストマーと同じ
styrenic thermoplastic elastomer,SBC:スチレン系熱可塑性エラストマー
olefinic thermoplastic elastomer,TPO:オレフィン系熱可塑性エラストマー
modified vinyl chloride thermoplastic elastomer,TPVC:塩化ビニル系熱可塑性エラストマー
thermoplastic urethane elastomer,TPU:ウレタン系熱可塑性エラストマー
thermoplastic ester elastomer,TPEE:エステル系熱可塑性エラストマー
thermoplastic amide elastomer,TPA:アミド系熱可塑性エラストマー
fluoro thermoplastic elastomer:フッ素系熱可塑性エラストマー
liquid crystal thermoplastic elastomer:液晶型熱可塑系エラストマー
 →セグメント中に液晶分子をもっている。ソフトセグメントに脂肪族系ポリエステルを用いたエステル系熱可塑性エラストマーなどがある。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

リグニンゴム lignin rubber,lignin reinforced rubber

木の主成分であるリグニンは、おなじく主成分であるセルロースでできている細胞と細胞の間に存在し、木の骨格であるセルロースを補強しています。木からパルプを製造する工程において廃液からリグニンを得ることが出来ます。

得られたリグニンを補強材としてSBRラテックスに混合することによって、引裂き強さ、引張り強さ、伸びの大きさ、耐摩耗性、耐屈曲性に優れたゴム製品が出来ます。

靴底、もみすりロールなどに利用されます。


関連用語
lignin:リグニン
 →粉末と液状のものがある。SBRラテックスとの混合物から共凝固して製造されるリグニンマスターバッチでの使用が多い。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

感光性ゴム photosensitive rubber,photosensitive polymer

感光性ゴムおよび感光性樹脂は、光によって架橋や分解がおこり、物性、化学的性質が変化する高分子です。

これらの感光性ゴム、感光性樹脂は、半導体、集積回路(IC)などの製造用のフォトレジストや印刷分野でのフレキソ印刷版に用いられます。

フォトレジストは、半導体製造などでの中心的工程の基板(ウエハ)加工工程で使用され、高分子化学と写真技術を組み合わせて微細加工されます。基板(ウエハ)にレジストを塗布し、その後、光によって微細加工します。露光部が架橋不溶化するネガ型レジスト、逆に露光部が可溶化、分解するポジ型レジストがあります。感光性ゴムは、ネガ型レジストに使用され、変性した、環化イソプレンゴム・環化ブタジエンゴム・環化天然ゴムなどがあります。ポジ型レジストは、感光性樹脂が使用され感光性ゴムはほとんど使用されておりません。

感光性ゴムを使用したフレキソ印刷版は、版の耐久性はありませんが、他の印刷方法に比べてコストが低く版がつくりやすく、比較的解像力や印刷精度も良いため、大量高速印刷の新聞印刷などで使用されます。熱可塑性エラストマーやウレタンゴムなどで作られており、アクリル系ゴムの開発もされています。


関連用語
photoresist:フォトレジスト
 →印刷、集積回路(IC)の製造工程に使用される感光性高分子。露光部が現像液(溶剤)に不溶となるネガ型と、可溶となるポジ型がある。
photodegradable polymer:光分解性高分子
 →ポジ型フォトレジスト


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

シーラント sealant、シーリング材 sealing compound

土木工事、一般住宅、工場建物などの建築・土木関係、自動車、航空機、船舶などの輸送用機器関係などの部材間または窓枠やサッシ周りの継ぎ目部分、目地などの小さなすき間に使用されるゴム弾性をもった材料をシーラント(シーリング材)といいます。

シーラント(シーリング材)は、気密性、水密性を目的としていますが、部材相互間の振動や伸縮などの変形にも追従する性能も持っており、弾性シーラントともいいます。

一般に、ペースト状や液状で施工時後に硬化させるものを指しますが、ガスケットなどの施工前に形が定まっているものを含む場合もあります。

ペースト状や液状のシリコーン系、変成シリコーン系、ポリサルファイド系、アクリル系、ウレタン系、ブチルゴム系などが一般的で、1成分型(そのままで施工できる。)と2成分型(施工の際、基材と硬化剤を一定の割合で混合する。)があります。

弾性シーラントに対して非弾性シーラントとしてコーキング材があります。建築物の目地部分やサッシ周りの充てん、および亀裂の補修などに使用されます。

シーリングとコーキング

シーリングは、気密性、水密性を維持するという意味で、コーキングは、継ぎ目、すき間に充てん材を詰めるという意味ですが、実際は、厳密に区別して使用されておりません。同意語として使用されていますが、最近は、建築用油性コーキング材に限定して、コーキング材と呼ぶことが多くなっています。


関連用語
caulking compound:コーキング材
 →非弾性シーリング、非弾性シーラント、目地材、油性コーキング材。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ